top of page

走り方の特徴、自閉症の子はつま先走りに?

自閉症の子の走り方の特徴は、つま先走りになりやすい傾向があります。

自閉症の子が、つば先走りになる主な理由が感覚過敏があると言われています。

感覚過敏は、足裏からの刺激が、大きく脳に伝わってしまいそれをなるべく避けるために、つま先で走ります。

砂場なので、足裏を全部つけるのはさらに感覚過敏になってしまうので、足裏全部をつけたがらないです。

つま先で走りを改善するには、まずはこの感覚過敏を慣れてあげることが必要だと思います。

最初はかなり抵抗があるかと思います。裸足で地面の上を歩くまたは歩かなくてもその上に10秒止まるなどです。

徐々に回数をこなしていくと慣れてくると思います。

人間は、環境に左右されるので、その環境をずっと続けてあげることにより自然とそれが習慣化します。

その習慣がついてくれば感覚過敏っていうのは少しマシにはなってきます。地面に足裏をつけるのが少し抵抗なくできてきます。

時間はかかるかと思いますがコツコツとやってみてはいかがでしょうか?

最新記事

すべて表示

おはようございます。 以前YouTubeの投稿させていただいておりましたが、その投稿を一旦止めておりましたが、新たに新しいチャンネルを立ち上げさせていただき、YouTube活動を再開させていただきます。 こちらの活動では、スポーツ家庭教師や、体操教室などをしております。それに接した投稿をしようかと考えましたが、子供から大人まで全ての人が楽しんでいただけるコメディー的な投稿をさせていただき、1人でも

体幹トレーニングを毎週月曜日の19時10分からスタートしております。 9月から開講させていただき4名の生徒さんが今現在集まっていただいております。 ホームページを見ていただきお問い合わせいただき、すごく感謝です。ありがとうございます。 こちらのレッスンは、最大6名までの人数が体になっております。 申し込みが早い方からのご案内になっております。 19時10分からと遅い時間になってしまい、少し不便な時

おはようございます。 アルプラザ城陽での体操教室を金曜日にさせていただいております。 月3回になっており、第二金曜日がお休みです。 6月の時に体操教室がお休みになりましたので、その分の振り替えで9月29日に体操教室があります。 事前に、受付の方がお伝えしていただいておりますが、こちらでも念のためお伝えさせていただきます。

bottom of page